Memorial 2


053 (61)    山本久右衛門写真集「グランド北海道」発刊
写真集発刊記念 「山本久右衛門さんを励ます会」
主催 マイたうん友の会 2017年10月15日  於 心斎橋木曾路


053 (60)    山本久右衛門写真集「グランド北海道」発刊
2017 ・ 10/10 発売。 日本写真企画「フォトコンテスト」から。
申し込みは日本写真企画へ TEL 03−3551−2643 FAX 03−3551−2370


053 (59)    山本久右衛門写真集「グランド北海道」発刊
序文は新党大地代表 「鈴木宗男」 先生に道東出身と聞きお願いしました。
同じく二科会理事長 「森井禎紹」 さんはアマチュア時代からの友人関係ですのでお願いしました。
編集は友人の太田健嗣郎さん、印刷は(株)ダイコロ、デザインは藤本かおりさんにお願いしました。


053 (58)    山本久右衛門写真集「グランド北海道」発刊
写真の中身の一部分を公表します。
丹頂の里 鶴居村を27年前から山本久右衛門を案内しました、
しかし山本さんは心臓にペースメーカーを入れられていますので、
80才から安全の為、冬の寒い時と夏の暑い時は避けて、
春と秋を中心に現在ツアーに参加されています。
2017年10/26〜10/29の4日間、道東の撮影ツアーに参加されます。


053 (57)    山本久右衛門写真集「グランド北海道」発刊
流氷のオジロワシです。 同じく27年前でした。
アナログのリバーサルフイルムを使用。 現在はデジタルを使用されています。
4日間で4000枚〜7000枚、撮影されています。


053 (56)    山本久右衛門写真集「グランド北海道」発刊
写真集は元ダイコロ編集人、太田健嗣郎さんに
山本久右衛門の作品をマツシマが8万枚から2000枚に絞り込んで渡しました。
素晴らしい写真集になりました。
マツシマにとっては山本久右衛門に対して全精力を注ぎ込みました。
マツシマにとって最高の自信作になりました。是非お買い求めください。


053 (55)    山本久右衛門写真集「グランド北海道」発刊
私は馬と云えば北海道だと思っています。
1970年代、前田真三さんの佐藤牧場(根室)の作品を東京の街の中で拝見し、
感動したのが馬の始まり。 山本さんを馬の撮影に約20数回、案内しました。


053 (54)    山本久右衛門写真集「グランド北海道」発刊
キタキツネの撮影は2015年の秋の撮影ツアーでした。
オホーツクの海岸の港でした、私は車の運転中、山本久右衛門さんは車窓から撮影、
山本さんは当時95才、とっさにシャッターが押せたものだと感心しています。
キタキツネはネズミを口にくわえ、リアリティのある作品になりました。
キタキツネの毛は冬は美しいが春から秋にかけては毛が生え変わるのであまり美しくない。


053 (53)    山本久右衛門写真集「グランド北海道」発刊
トドワラ作品は1993年、野付半島を観光船で渡り撮影しました。
当時は名鉄観光を利用していました、担当の岡下彰さんは特に道東を案内してくれました。
初期は殆んど名鉄を使っていましたので、感謝しています。
2000年以降は私がガイド兼、講師として案内しています。


053 (52)    山本久右衛門写真集「グランド北海道」発刊
ラベンダーをストロボで撮影、日中シンクロを教えていました。
富良野は倉本聰さんの北の国からと前田真三さんに感化され、北海道に憧れました。
2017年秋現在、78回目のツアーになっています。
2018年3月、流氷とオオワシを企画しています。 もしよかったら参加して下さい。


053 (51)    山本久右衛門写真集「グランド北海道」発刊
摩周湖の冬、山本久右衛門さんの初期の作品です。
当時74才でした、現在97才になりました。 回りの皆さん全員が山本さんに憧れています。
マツシマのホームページで参加者の写真集にも掲載されています。
2017年10月12日 マツシマススムが・・・記。

ギャラリートップへ戻る