マザーレイク 3


005 (101)    彼岸の頃 shiga takashimashi
彼岸花の撮影も毎年どこかで撮影、その時々で思うままの撮影です、うまい事川の流れがあった。
昆虫も止まりチャンスだったが?水飛沫でレンズが濡れた(1972年撮影)。


005 (102)    竹生島慕情 shiga kaizu-osaki
NHKTV「朝いち」で紹介された、この作品と他4~5点紹介して頂き話題に!! TVも過去10回以上紹介されたが、また出演経験も多数・・・お喋りが下手だった、(BBCびわこ放送)ではゲストで2時間も出て発言は殆ど無し。ゲストのイーデス・ハンソンさんは心得て話し方は上手だったのを覚えている、司会は(バンチャン)馬場章夫さん馬場章夫さんとは毎日放送の音楽担当の森本さん(枚方)を通じて30年以上の知り合い、「琵琶湖逍遥」写真集では序文を書いて頂きました。現在千里でネットラジオを開設されている(1966年撮影・マミヤ6×6使用)。


005 (103)    気球大会 shiga takashimashi
1984年滋賀県で「世界湖沼会議」が行われた。世界のそれぞれの湖を持っている悩める国々が参加して、
湖のあらゆる」問題に対して考えると云う大会議だった。 当時の知事は「武村正義氏」、滋賀県が大発展する頃の知事
(琵琶湖総合開発)も合わせて大人気の知事。 私の作品で「世界湖沼会議」のポスターも採用されたのも気球大会だった。
作品は手前の子供が手を振り世界へ羽ばたくと云うイメージ。マザーレイクのギャラリーの最後にポスター作品がありますので
見てください(1977年撮影)。


005 (104)    萩の浜 shiga takashimashi
毎年秋になれば「関西学生気球大会」がある。高島市から近江八幡だった。 見ての通りカメラマンも数少なく
多分地元の新聞社ではなかったか?それ程知られていなかった。 現在はネットの時代、情報が早くなって
便利になっている(1973年撮影)。


005 (105)    水郷めぐり shiga omihachiman
私も何回か乗船した、TVのロケでも・・・どちらかと云うと船からでなく外からの方が私は好きです。遊びだけなら乗りますが!!
円山の水郷巡りの辺りが私のホームグランド・・・(1986年撮影)。


005 (106)    秋の西の湖 shiga omihachiman
毎年同じ所をグルグル廻り、特別いい写真が出来る訳でなく・・・季節ごと琵琶湖を廻っている。 後方の山は安土山で
安土城があった所、この湖を通り秀吉や信長も安土城に入ったかも!!信長の時代(1990年撮影)。


005 (107)    白鷺 shiga maibarashi
川に大サギを見た、手前のススキを利用し「前ボケ効果」を出し「ファンタジック」に考えました。
周辺を暗く(アンダー補正マイナス1) 上手く行きました勝利(1989年撮影)。


005 (108)    日の出の頃 shiga nagahamashi
伊吹山の日の出を湖岸から撮影、場所は湖北南浜、この作品を撮るのに自宅を早朝3時に出発、若さゆえ当時嬉しさと希望で
溢れていたが70才を超えると、その時間に出発することさえ苦痛に感じるこの頃(1969年撮影)。


005 (109)    朝もや shiga imazu
相変わらず自宅を真夜中1時に出発、途中食事したり必ずコーヒーを飲み、今津・マキノあたりで朝を迎える。
日の出の撮影が間に合いました、冬場は朝露が立ち作品の様に湖の上に霧が立ち、
良い作品に出合いました(1979年撮影)。


005 (110)    雲間の竹生島 shiga takashimashi
今津・マキノあたりから撮影、竹生島の上に雲が蔽い又何時もと違った作品になった。撮影ガイドを日本カメラ・
フォトコンテスト別冊に良く記事を書いた(1978年撮影)。


005 (111)    漁 shiga makino
この様な作品は他県の方は「宿泊」しなければ撮れない。 なお私の場合夜、徹夜しながらの撮影でした。
写友「森成雄」さんがいた事で慣れた事です、早朝のリズムを作ると良いかも!! 2000年位迄、早朝の撮影でしたが、
55才になった頃から早朝の撮影は年に数回と変わりました(1973年撮影)。


005 (112)    エリ漁へ shiga makino
マキノは現在の高島市、作品はエリ漁の仕掛けに向かう所、チャンスだった。 近年魚が獲れなくなっているので、
この様な場面を見るのも少なくなった(1973年撮影)。


005 (113)    秋空 shiga kosei
秋雲とコスモスだった、近江富士が遠景にあり私の得意の3点セット。湖風が心よい・・・爽やか・・・気持ちが晴れる。
個展(過去47回開催)の中に使用した(1983年撮影)。


005 (114)    初冬 shiga hikone
大津から時々、湖東から湖北に向かう時に違った被写体に出会う、大根(カブ)が干してあった。
1960~1980年代迄は結構普通に何処でも見かけたが今では珍しくなった(1969年撮影)。


005 (115)    湖北 shiga onoue
琵琶湖の水位が1984年マイナス95cmだった。 湖北のエリの漁場が地面からむき出し、漁が出来なかった。
地元の考古学者で「小江慶雄氏」(元京都教育大学長)が尾上にお住まいになっていた。つづら尾崎の湖底遺跡を
研究されていた、私は手紙を出して写真集の折序文を書いて貰う様出してOKの返事を、また同じく
琵琶湖研究所長だった「吉良竜夫氏」にも手紙を出して二人からOKの返事を貰った、
実現しなかったが、何でもブチ当たる精神は持っていた(1984年撮影)。


005 (116)    沖ノ島遠望 shiga oumihachiman
琵琶湖の渇水も平成6年(2001年)からは問題になっていないと思う。この作品も渇水で風景が変化したものです、現在ではこの作品の上に水があり
撮りたくても撮れない写真です。 沖の島は(左)長命寺から船で15分、2~3年に一度くらいづつ行く、琵琶湖私景発表(1969年撮影)。


005 (117)    湖上 shiga nagahama
私の中で琵琶湖の好きな地区は①湖北尾上 ②湖西マキノ ③近江八幡西の湖と昔から言っている。 漁船とカモの風景を望遠レンズで撮影、
2002年 マザーレイク写真展を「富士フォトサロン銀座」で開催した・・・(1969年撮影)。


005 (118)    小船 shiga takashimashi
小船にユリカモメが休んでいた、湖を廻って撮影していると良く出会う風景です。 望遠レンズ350ミリで撮影、1978年「太陽賞」受賞で
写真集は絶対に出すと決心していたが!!どうしたら本になるかは分かってない、写友「中村明巳」氏に紹介され京都シーグ社の
増田氏に紹介して頂き、1992年「琵琶湖私景」を出版、第三刷までなって写真集としてはヒット作になった。
中村明巳氏に感謝しています。中村さんがJPSに入会の折(1999年)私と藤本俊一先生(関西の重鎮)が保証人になりました(2002年撮影)。


005 (119)    夫婦漁 shiga imazu
エリの向こうで漁をしていた・夫婦で・・・よく見かける風景、エリの杭に白サギ一羽だが、露出は船の方に合わせた。
絞りは両方ピントが来る様にF22とした、1979年 中村吉之介先生は君の物量(撮影年数とフイルムの量)と
テーマの長さから写真集は早く出したらと云うアドバイスは頂いた(2001年撮影)。


005 (120)    昼下がり shiga kosei
車を運転しながら被写体を探す、視線は両方をくまなく動かす、至難の技である、長年経験すると他者は真似出来ないと
思っている。猫と白鷺を発見、猫が逃げない様努力した、中々チャンスがあっても!!こうは撮れない、それは
同じ光景を数回見たが!!失敗ばかり・・・(1998年撮影)。


005 (121)    漁へ shiga okubiwako
漁船が塩津浜へ進んでいた、山影で波が白く光った。 何気ない風景だけど写真展等に気休めの積りで展示している。
ニコンサロンで(1978年)三木淳先生(ニッコールクラブ会長)から私の作品を見て、良いのばかり飾ると疲れると
言われてから、ひと休みする作品を並べる様にしている(2004年撮影)。


005 (122)    湖上と鳥 shiga makino
マザーレイクのポスターを撮影して少し有名になったお陰で、ある日電話が入った。 マザーレイクの名前を使用している
民宿かペンションのオーナーからだった。 私がそのコピーフレーズ(マザーレイク)を使用したものと勘違いされたらしい!!
広告主(大広)のコピーライターがタイトルを考え、私の作品に文字を入れたのです。私が思うのですが・・・ポスターは
全国の各駅で飾られて、CMやらTVで一年間流れ、宣伝で知名度も高くなったのではないでしょうか!!(1967年撮影)。


005 (123)    雪の日 shiga takashimashi
白鷺たちはねぐらから早朝餌場にやって来る、冬朝6時前後だった。30羽から多い時は100羽来た、私は魚眼から500ミリを使用。
作品は雪がちらつく寒い日だった、ユリカモメやトンビも来て野鳥撮影のファンで賑っていた、京都の風景写真家「上杉満生」氏
私が知内浜の白鷺を撮影して5年程たってから2~3年見かけた、その後彼は写真集を出版された。
彼は後発だけど写真集を出版した、写真集を出版すると全国の書店で発売されるので有名になる。写真集は強い(1983年撮影)。


005 (124)    水の汚れ shiga kusatsushi
1960年代から1980年代迄、琵琶湖の水は汚れていた。 水草が大量発生(コカナダモ)、悪臭を放つらしい!!
夕景だった(1977年撮影)。


005 (125)    水草除去 shiga onoue
滋賀県も水草の大量発生で除去に乗り出していた。 1960年~1980年迄は見られなかったが!!
良い事だと思う(2005年撮影)。


005 (126)    ユリカモメ shiga kosei
ユリカモメは渡り鳥(全長40cm)カラスより小さめ、くちばしと足が赤い。 冬良く見かける、鴨川のユリカモメは夜になると
琵琶湖で休むとか!!(1996年撮影)。


005 (127)    休むユリカモメ shiga kosei
冬の琵琶湖周辺で良く見られる、杭の上で休んでいた。 近くに行っても逃げない、ただ10mまで近ずくと逃げる。
餌をやれば近ずく(1996年撮影)。


005 (128)    白鳥 shiga kohoku
渡り鳥、早い時は10月に飛来、年明けて2月~3月に帰る、シベリアから渡って来る。 望遠レンズ350ミリで撮影、レンズが
長すぎるとフレームに入れるのが難しく!! デジカメの時代シャッターボタンさえ押せば、数打ちゃ当たる様になった。
フイルム時代は36枚撮りで終わり、この作品で20~30枚のシャッターを切った。 現在はどうだろう・・・
1秒間に10枚~13枚写る。 私の場合現在でもピント合わせはマニュアル(M)で手動(2001年撮影)。


005 (129)    仲間 shiga kohoku
私の場合、白鳥の撮影は湖北が多い、長浜市または湖西の高島市。 それほど白鳥に夢中になれない、それは
北海道で名作が沢山生まれて太刀打ち出来ないからである、白鷺だと日本の中で琵琶湖の被写体地は有数である(10番以内に入っている)
(1978年撮影)。


005 (130)    上空から shiga onouekou
大阪枚方にアルバムの印刷会社(ダイコロ)がある。セスナ機を一日チャターして琵琶湖を一周した、尾上港の旅館「紅鮎」と
水鳥野鳥センターを上空から、尾上港は琵琶湖で一番大きな港とか?。


005 (131)    上空から shiga hikone
川から流れる水は色が羽色で白い、琵琶湖の水が変わっているのが分る、水質検査をしないと!!
どれだけ汚れているか!!分らない


005 (132)    上空 shiga
セスナ機は八尾空港より出発した。 北海道では大雪山へ冬と秋に、冬 紋別では流氷を撮影。
鳥になった気分、良き思い出となっている(現在ダイコロのセスナ機は無い)。


005 (133)    貯水口 shiga nagahama
夏羽のユリカモメと白鷺が一羽、琵琶湖の貯水口の上で休んでいた、行く度に見ているが!!この様な状態は少ない。
「琵琶湖私景」写真集で発表(1974年撮影)。


005 (134)    白髭神社 shiga kosei
湖西161号線を北に進むと右手に湖中、鳥居が眼に入る。 長寿の「神猿田彦命」を祭る神社「比良大明神」共云われる。
安芸の宮島を思わせる、シャッターはスローで珍しく三脚を使用「琵琶湖私景」写真集で発表(1979年撮影)。


005 (135)    高時川 shiga nagahamashi
1978年「大島渚監督」の「愛の亡霊」のロケがあると聞き行って見た、その途中紅葉が美しく思わずシャッターを押した。
余呉湖の民宿「文ヱ門」にその時のロケ道具があるとマスターが言っていた(1978年撮影)。


005 (136)    冬荒れ shiga hikone
冬荒れの湖北、波が高く押し寄せていた。 伊吹山の雪帽子と雪の状態が良かった「琵琶湖逍遥」写真集で発表(1985年撮影)。


005 (137)    蜃気楼A shiga otsushi
冬の寒波時、温度差によって「蜃気楼」が琵琶湖に出る。 毎日出る訳でなく条件が整った時だと思う(1973年撮影)。


005 (138)    蜃気楼B shiga otsushi
1978年に太陽賞を受賞して「ニコンサロン銀座」で個展の時、写真家「細江英公」先生がお見えになって、
この作品の前で「琵琶湖に蜃気楼が出るの」!!と云う質問をされたのが40年経っても思い出される。細江先生は三島由紀夫(薔薇刑)と
(かまいたち)の写真集は組写真の教材として今もって人気がある(ニコンサロン発表・1973年撮影)。


005 (139)    台風 shiga kosei
1975年「写団寝屋川」の会員、長宗秀治さんと2人で琵琶湖へ撮影に・・・その日は台風直撃の日だった、車のドアも開かず、
車が左右に動き初めての恐ろしい体験だった。 屋根から瓦が飛ぶのも初めて見た、作品は何気なく見れば平凡かも知れないが!!
湖の所を見て頂くと分る、白いのは波しぶき歩けず、寝転んで撮影、怖い位だった(1975年撮影)。


005 (140)    釣り人 shiga takashimashi
冬の竹生島、昔(4~50年前)レンズによってゴースト(光の幽霊)が出た、その光を利用して多重撮影した。
かなりのハイテクニックだがコンテストに入選する事は無かった(1976年撮影)。


005 (141)    カラス shiga omihachiman
雪の日近江八幡に行く、近年温暖化で中々雪に合うことも少なくなった。 私の好きな西の湖で枯木に泊る
カラスを撮影、写真展で発表した(1974年撮影)。


005 (142)    整列 shiga anegawa
「マイたうん友の会」私が主催している撮影ツアーです。日帰り撮影会も毎月実施、参加者が水のコンテストで「東京都知事賞」
を受賞した。杭の上にユリカモメの列、その後何度も通っているが!!この様な状態には中々遭遇しない
自費出版した「琵琶湖の自然パート1」オリジナルによるカラープリント、画集にして販売・・・価格は8万円、高すぎて売れたのは
一冊だけだった、この様な販売方法を考える作家は少ないと思う(1997年頃撮影)。


005 (143)    マザーレイクA shiga takashimashi
湖上に出来た雲間の光によって出来た現象です。黒い所が雲で遮り湖の明るい所は太陽が直下の光、昼間(日中)撮影です。
露出補正をマイナス補正(アンダー1~2)で撮影した(1982年撮影)。


005 (144)    マザーレイクB shiga kosei
高い所から湖面と三上山(近江富士)を撮影した。フイルムは私の得意のタングステンタイプ(64T)使用(1986年撮影)。


005 (145)    琵琶湖漫遊 shiga for shizugatake
1990年、花博に類似作を発表(大阪府永久保存)になった。 1992年京阪百貨店で写真展、6200人の入場者だった。
会場のパンフレットにもなった、青色(ブルー)の世界。写真家「津田洋甫」氏が百貨店で写真展開催するのは一流と
褒めて頂いた、津田先生は京阪百貨店で私が個展をしたのを知って、ご自分の写真クラブ(浪華写真倶楽部・・・・明治37年創立、日本最古の写真倶楽部)
創立100年記念写真展をしたいと私に相談されました、私なりに京阪百貨店のアプローチの仕方をアドバイスしました。「太陽賞」と花博写真家43名と
京阪百貨店で写真展を開催した事で認めて頂きました、今はよき思い出として残っている(1976年撮影)


005 (146)    竹生島の朝 shiga kosei
朝日カルチャー写真教室で「琵琶湖を撮ろう」と云う企画で6年間、琵琶湖の周辺を撮影、初期の頃
「早朝の琵琶湖」の企画をし、宿泊して撮りましょう!! だったが申し込みは誰も無く仕方無しに一人で
民宿「吉平」に泊り早朝、知内浜から竹生島を撮影良い状態だった(2007年撮影)。


005 (147)    朝 shiga omihachiman
1964年~1977年迄、先輩「西嶋保介」氏と月に一度、また2ケ月に一度の割に日帰りで主に琵琶湖方面が多かった。
西嶋氏は「大阪光芸クラブ・岩宮武二」「サンフォトクラブ・中森三弥」「青木先生のクラブ」「秀影クラブ」&キャノンクラブ大阪と
写真以外でも山歩きしていた。私も19才(1965年)の時、信州「白馬岳2880m」に同行、他に年2回は正月に能登へ、
夏は信州方面と色々案内して頂いた。私の中で①西嶋保介氏②森成雄氏、2人の写友に恵まれた事は私にとって
貴重な先輩として尊敬と感謝でいっぱいである、有難うございます(1965年撮影)。


005 (148)    竹生島 shiga kosei
「西嶋保介」氏は光芸クラブで勉強されていたので精細だった。 洋服のテーラー(注文服)をされていて服を洗濯すれば、
する程良くなると自信があると語っていた、また私も10着近く作ってもらった、大満足でした、有難う。
「森成雄」氏は鳥が得意、スナップや心象は殆ど無関心だったが二科展は6回連続入選した。私は5回だったので森さんに
一つ負けた。各教室の生徒さんに良い作品が出来たら、二科展・JPS展への出品を促している(2008年撮影)。


005 (149)    雲間のファンタジー shiga chinaihama
この時も私一人だった、雲の状態が良く中々この様な雲は少ないと思いながら!!同じ場所を何百回も行くと自然に作品の
基準は分ります。 風景(ネイチャー)は数多く通う事だ、努力すれば作品はおのずとついて来る、風景作家の人は何回も通う事です
2011年コダックから発行した私の写真集No.1「幻想琵琶湖」に収載されている、コダックフォトギャラリー(東京)で販売していた、
コダック社は経営に行き詰まった、現在でも細々と残っていると聞く。1987年 9月25日から30日まで東京のコニカ新宿で関西在住プロ作家
27人の写真展が行われた、入江泰吉・岩宮武二・棚橋紫水・津田洋甫・山本健三・高田誠三さんら一流の作家に肩を並べて頂き、
大変うれしかった(1986年撮影)。


005 (150)    ポスター shiga takashimashi
「人と湖の共存の道をさぐる」’84世界湖沼会議が滋賀で行われた(滋賀県知事・武村正義氏)、私が琵琶湖をテーマに52年通っているが・・・(2016現在)
この様な大きなイベントは他に無かったと思う。数年前から計画しての大会議だった、前年のプレ会議は当日私の写真展で(1984年)
40点を野州市民センターで展示会をした。ポスターの担当は滋賀県環境室の「江崎さん」だったと思う、環境室では色々な方々にお世話になりました。
滋賀県のイベントでポスターになった事は人生の中で、しかも琵琶湖をテーマで作画して本当に良かったと・・・悔いの無い事と思っています。

ギャラリートップへ戻る